定番の演出

撮影する人

結婚式の定番演出と言えば、動画を使ったものです。オープニング、エンディング、中座のときなどに作った動画を流すことによって、結婚式にメリハリが出ますし、ゲストを楽しませることが出来ます。中でも、人気なのが中座のときに流すプロフィールムービーの動画です。新郎新婦それぞれの生い立ちを写真を使って紹介しまとめた動画で、お互いのゲストに相手のことを知ってもらい、また親には小さい頃のことを思い出してもらうことが出来るメリットがたくさんの演出です。そんなプロフィールムービーを作るためには、自作する場合と業者に頼む場合の二つの選択肢があります。どちらもそれぞれ異なるメリットがありますので、二人で話し合い適切な方を選択しましょう。

自作する場合の注意点やコツ

撮影

プロフィールムービーを自作するメリットは、費用がかからないこと、完全にオリジナルで好きなように作れるということです。自作するのは難しいと感じる人も多いですが、パソコンまたはスマートフォン、素材となる写真、無料ソフトがあれば、慣れれば誰でも作ることが出来ます。ただし、時間はかかりますので、時間に余裕があるというカップルにおすすめです。注意点は、時間についてです。5分以上の長いものにしてしまうとゲストが飽きてしまいますし、短すぎていると物足りなく感じてしまいます。動画として結婚式で流すので、ゲストに見てもらうことを前提に、3分程度にすっきりおさめるように作りましょう。動画の流れとしては、新郎生い立ち、新婦生い立ち、二人の出会い、結婚に至るまで、というのが一般的です。写真の入れ方やコメントで様々なアレンジが出来るので、二人で相談しながらより良いものを作りましょう。

業者へ依頼するメリットと注意点

結婚式

動画作成を業者へ依頼するメリットは、動画作成にかける時間を減らせるということです。結婚式まで忙しくてなかなか準備が進まない、というようなカップルにおすすめです。また、自作では出来ない特殊な効果や、プロならではの美しい見せ方を提案してくれるので、とても見ごたえのあるものになります。写真の流れや動画の長さも、プロの視点からちょうど良いものにしてくれます。注意点は、やりとりをしっかり行うことです。してほしい演出などの注文はなるべく細かく指示しましょう。結婚式までに完成させなくてはならないので、あとでトラブルが起きないように注意することが大切です。素敵なプロフィールムービーを作るために、どちらの方法でもこのようなことに注意しましょう。